【北欧雑貨】イッタラ kivi アメジスト

イッタラ kivi アメジスト

スコープさんの別注kiviアメジスト。

お値段はちょっと張りましたが、今や売り切れ、販売終了。

もう買えないということを考えると買っておいてよかった~

スコープさん 別注 イッタラ kivi アメジスト

光に照らされたイッタラ kivi アメジスト

アメジストは1988年から1992年の4年間しか生産されていなくて、幻のkiviと呼ばれているみたい。

コレクターの中でもアメジストだけは持っていないという方もいらっしゃるとか?

そんなアメジストが販売されるとあってかなりの人気であっという間に売り切れていしまいました。

発売と同時に買っておいて良かった~

スコープさんでまた再販はあるのかな?

気になるイッタラ kivi アメジストの気泡、ヨレ

レビューを拝見すると、気泡が気になるとか、ヨレがあるとか、傷があるとかB級に近い状態のものもあるようです。

ウチに来たのは気泡が1つ、ヨレもありますが許容範囲だと思います。

実際、イッタラの店舗で買ったことはないのでわかりませんが、家にあるkiviを全部見てみたらほぼそんな感じだったので。

家にあるキビは店舗だとB級扱いになっちゃう?

イッタラ kivi アメジストと比較

kivi アメジスト ライラック ライトライラック

アメジストと同系色のライラック、ライトライラックを並べてみました。

ライトライラック、アメジスト、ライラックの順です。

同系色と書きましたが、全然別の色ですね~

アメジストはやっぱり特別な色みたいです。

kivi アメジスト 上から

下を白にして真上から撮ってみたところ。

アメジストは太陽光の下でみると、本当に発色が綺麗です。

イッタラ kivi アメジストにキャンドルを灯してみます

kivi アメジストにキャンドルを灯す

炎の色はどれもオレンジに見えます。

濃い色のkiviは炎の色がkiviの色に見えることもありますが、アメジストは炎の色そのままでした。

アメジストは持っているkiviの中でもかなり好きな色です。

もしかしたら好きなkivi No1かも?