キャッシュレス還元対策 楽天カードを作っておいて損をすることはない!楽天ゴールドカードにした方がお得な人とは?

楽天

とうとう消費税10%になりました。

同時に軽減税率やらキャッシュレス・ポイント還元事業やら新しいことが始まりました。

訳が分からないですが、ちゃんと調べて対応すれば8%の頃よりちょっとだけお得になるかもしれません。

 

スポンサーリンク

キャッシュレス還元 まずやること

それはクレジットカードを作ること。

キャッシュレス決済をするならクレジットカードは必須です。

どれがいいかは人それぞれかもしれませんが、楽天でお買い物する機会が多い方は

楽天カード

を作ること。

 

楽天カードで受けられるメリット

受けられるメリットは

・年会費無料

・カードを作って1回使用するだけで5,000ポイントもらえる。
(キャンペーン中なら8,000ポイントもらえることも。)

・楽天で買い物するときに+2倍のポイントをもらえる。
会員登録だけの場合、100円で1ポイントですが、支払いを楽天カードですると100円で3ポイントもらえる。
  SPU スーパーポイントアッププログラム)

・楽天や楽天以外のお買い物や各種料金の支払いで使っても100円で1ポイントもらえる。
(上記のSPUと合わせると楽天で楽天カードを使って買い物した場合100円で計4ポイントもらえることになります。)

などなど。

 

上記のポイントの他にポイント還元事業の5%が還元されます。

(すべての商品が対象ではありません)

 

 

 

楽天カードを作っておいてメリットはあってもデメリットはないと思います。

まずはカードを作ってキャッシュレス還元に備えましょう。

 

楽天カードはポイントで支払いもできる!

楽天カードのすごいところは貯めた楽天スーパーポイント(通常ポイント)を1ポイント=1円相当として、当月請求分のショッピング利用代金のお支払いに充てることができるところ。

楽天e-NAVIからお手続きすることでポイントでの支払いが可能です。

 

ただしいくつかの条件があります。

・ご利用受付期間は毎月12日~20日(一部金融機関をご利用の会員様は15日まで)と限られた期間しか受け付けしていません。

・申し込み条件・ポイント数は
1か月にご利用いただける回数
最大5回まで

・1回のお手続きでご利用できるポイント数
ダイヤモンド会員:50~500,000ポイント
ダイヤモンド会員以外:50~30,000ポイント

・1か月にご利用いただけるポイント上限
ダイヤモンド会員:500,000ポイントまで
ダイヤモンド会員以外:100,000ポイントまで

※楽天グループでのポイント利用上限となり、上限を超えた場合は本サービスを含む楽天グループでのご利用ができません。

・利用できるポイントは通常のポイントのみ
期間限定ポイント、他社から交換したポイント、楽天キャッシュは利用できません。

となっています。

 

楽天ヘビーユーザーの方はダイヤモンド会員だと思いますが、50万ポイントも支払いに使えるなら十分ですよね。

いやむしろ50万ポイントもあったらスゴイ!!

 

ポイント二重取り可能な楽天カードの作り方

楽天カードを作る時におすすめなのがポイントサイトを経由してカードを作る方法。

通常だと5,000~8,000ぐらいの間で楽天ポイントがもらえます。

ポイントサイトを経由するとさらに同じぐらいのポイントがもらえます。

ポイントサイトのポイントは現金や楽天ポイントに交換可能。

現金に交換する場合は手数料が取られる場合もありますが、楽天ポイントなら手数料無料が多いです。

今おすすめなのがモッピー

モッピーに入会して検索欄に楽天カードと入力。

出てきたところから楽天カードを作るだけで通常もらえる楽天ポイント5,000ポイントの他にモッピーのポイントが8,000ポイントもらえます。

しかもモッピー経由で楽天でお買い物すると1%分のポイントももらえます。

まずは登録!

モッピー!お金がたまるポイントサイト

 

 

楽天ゴールドカードがおすすめな方

我が家は今年から楽天カードから楽天ゴールドカードに切り替えました。

というのも、楽天ヘビーユーザーである我が家は年会費を払ってでもゴールドカードにした方がお得だったから。

ゴールドカードは年会費2,160円がかかります。

私用に家族カードも作っているので+540円

計2,700円の年会費を払っていることになります。

 

楽天ゴールドカードにして受けられる恩恵は

  • ポイント還元率が高い(普通のカード3%がゴールドカードだと5%)
  • ETCカード年会費が無料。
  • 空港ラウンジを年2回まで無料で利用できる。
  • 楽天Edy500円分が入ったカードが届く。
  • 利用可能額が200万円に。

など。

これだけの恩恵がありますが、年会費2,160円はどうしても躊躇しちゃいますよね。

 

楽天ゴールドカード 損益分岐点は?

でも楽天で年間10万8千円以上お買い物する方なら2%分のポイントが上乗せされるわけですから、ゴールドカードにした方がお得です。

10万8千円と言えば高く聞こえますが、月々9,000円。

お買い物マラソンに毎月参加してる方ならこれぐらいはすぐ行くはず。

だって、1,000円の商品を10店舗買ったらクリアですから。

我が家は高速道路を利用するのでETCカードが無料なのも助かります。
(ダイヤモンド会員はETCカード年会費無料なので元々無料だったんですが。)

楽天Edyもコンビニで使うので500円分のEdyがもらえたのも嬉しかった♪

 

最後にもう1度。

楽天ゴールドカードにした方がお得な人とは

年間10万8千円以上、楽天で楽天カードを使ってお買い物する人です!

 

 

更にお得にお買い物するために

こちらで紹介したポイントサイトを経由して買い物するとさらに1%分のポイントまたは現金が受け取れます。

ポイント二重取り!ポイントタウン経由で楽天でお買い物しよう
...

 

知らない人は損をする。

やった人だけが得をする。

そんな感じになってきていますので情報収集を怠らないようにしていきたいですね。

 

楽天カードに関することなら

こちらにも参考になる記事がたくさんあります。

 

 

にほんブログ村テーマ
楽天市場や楽天カードの話題

にほんブログ村テーマ
楽天カード

にほんブログ村テーマ
楽天ポイント お得な貯め方&使い方

タイトルとURLをコピーしました