【家電】AQUA(アクア)2ドア大型サイズ冷蔵庫レビュー 

家電

冷蔵庫を買い換えました。

色々と不安もありましたが、思い切ってAQUA(アクア)の2ドア冷蔵庫 AQR-SBS45Hを買ったのでレビューしたいと思います。

 

スポンサーリンク

今まで使っていた冷蔵庫


もう17年も使っています。

壊れてはいませんが、冷えが悪かったり、野菜室の扉を閉めたら上の冷蔵室の扉が開いてしまったりとちょっとした不満がありました。

増税前に買い換えようと思い新しい冷蔵庫を探し始めました。

 

 

欲しい冷蔵庫の条件

まずはやっぱりデザインがすっきりしていること。

これは譲れません。

 

次に冷凍室がなるべく大きいこと。

自動製氷機能はできればない方がいいかな?

 

この2つを条件に探し始めました。

予算は20万円以内、できれば15万円前後がいいかな~

 

色々と候補は上がりましたが、最終的に選んだのはAQUA(アクア)の冷蔵庫AQR-SBS45Hでした。

 

 

AQUA(アクア)の2ドア冷蔵庫 AQR-SBS45H デザイン


AQUA(アクア)の冷蔵庫 AQR-SBS45Hのサイズはかなり大きいですが、前の冷蔵庫と比べて、奥行きはそんなに変わらないし、デザインがすっきりしているので思っていたより圧迫感はありません。

 

 

扉全体が取っ手になっていて、小さい子供でも開けられるようになっています。

それはそれでちょっと問題があるかもしれませんが…

色も派手すぎないシルバーで高級感を演出するガラスドアです。

 

 

機能はいたってシンプルで、タッチパネルも控えめ。

シンプルなデザインを損ないません。

冷蔵庫を開閉した時だけ温度が表示されます。

 

 

横から見るとこんな感じ。

サイドは扉とはちょっと違うカラーになっています。

 

よーく見ると表面が加工されています。

 

 

AQUA(アクア)の冷蔵庫 庫内

アクアの冷蔵庫は2ドアで冷蔵室と冷凍室が左右で分かれている日本にはあまりないタイプ。

こちら側が冷凍室になります。

 

 

フルオープン時。

冷蔵室が266L、冷凍室が183L。

自動製氷はありません。

自動製氷は洗えないので衛生的に疑問があったので、前の冷蔵庫でも使ていたのは最初だけでむしろない方が使いやすいです。

 

 

製氷皿と氷入れ、卵ケースが付属品。

氷は小さめで、真四角ではなくちょっとおしゃれな氷になってます。

 

 

一番下に野菜室とフリーズボックス。

野菜室は小さめかもしれません。

 

 

大抵は背面から照らすタイプですが、照明は上から照らすLED。

AQUA(アクア)の冷蔵庫は暗いというレビューがありましたが、気になる程ではありません。

夜、キッチンの電気を消した状態だと、下の野菜室がちょっと見づらいかな?という程度です。

 

 

 

AQUA(アクア)の冷蔵庫 AQR-SBS45Hを使ってみた感想

音がうるさいという口コミが一番気になっていましたが、全然気になりません。

もしかしたら古い冷蔵庫がうるさくて、それに比べたら…という可能性

 

扉のポケットが小さいので、飲み物を入れる時に不便を感じましたが慣れれば気になりません。

 

奥行きがないので背が小さい私でも一番上の奥のものまで取り出せます。

 

はじめは容量のわりに物が入らないと感じましたが、きちんと整理して、収納ケースなどをうまく使えばまだまだ余裕があります。

 

冷えが悪いという評判がありましたが、冷気が一番上からしかでないので、一番上の棚に物を入れすぎるのが原因なんじゃないかと思います。

使い始めてすぐの時、一番上に物を入れすぎてなかなか温度が下がりませんでした。

 

取り留めなく感想を書いてしまいましたが、総合的にAQUA(アクア)の冷蔵庫 AQR-SBS45Hは買ってよったと思える冷蔵庫です。

 

これで10万円ですから、コスパ最高だと思いますよ。

 

タイトルとURLをコピーしました