水切りかごを使わない!代わりに使ってみたもの、最終的に選んだのはコレ!

キッチン

水切りかごを使わないようにして半年が経ちました。

最初は本当になくて大丈夫なんだろうか?って不安でした。

 

でも思い切って初めて見たら意外と大丈夫!

今では全く気にならなくなりました。

むしろない方がいいです。

迷っているならおすすめします。

 

水切りかごを使わないメリット、デメリット。

代わりに使ってみたもの、今現在使っているものを紹介します。

 

スポンサーリンク

水切りかごを使わないと思ったきっかけ

きっかけはパン作りを再開してから。

水切りかごが邪魔だなー水切りかごがなければキッチンカウンターをもっと広く使えてパンも作りやすいのにと思ったのがきっかけでした。

 

それともう1つ。

ラバーゼ 水切りかご

以前はラバーゼの水切りかごを使っていました。

 

ラバーゼ 水切りかご(大)の口コミ お手入れ方法
...

 

とってもいいんですが、ずぼらな私ではすぐに水垢だらけになってしまい…

手入れもちょっと面倒になってきたのでない方がいいかも?と考えて思い切ってなくしてみました。

 

 

水切りかごの代わりに使ってみたもの

ディッシュマット

水切りかごがないとなると洗った後の食器をどうすればいいの?となりますよね。

そこで買ってみたのが水きりディッシュマット

 

吸水性いいということなので買ってみたのですが、食器をびちゃびちゃのままマットに載せてしまうズボラな私には向いていませんでした…

マットがすぐびちゃびちゃになってしまうんです。

絞ろうと思っても厚みがあるので絞り辛くて…

洗い物が少なかったり、ちゃんとシンクで食器の水気を切ってから載せるならいいかもしれません。

 

 

キッチンタオル

ある程度水を吸ってくれて、絞りやすいもの、洗濯しやすいものとなると…やっぱりキッチンタオル。

普段こんな感じで食器洗いをするようになりました。

水切りかごの代わりに使ったキッチンタオル

クロス柄のキッチンタオルとステンレスざるを使っています。

ステンレスざるは小さい食器を入れる用で普段は料理にも使います。

 

 

水切りかごを使わないメリット

やっぱりキッチンがスッキリするという点。

洗いものが終わってキッチンタオルとざるを片付けたら…

水切りかごのないキッチン

こんなにスッキリします。

水切りかごがあるとこうはいきません。

これならパン作りもはかどります!

でも、最近娘から目が離せなくなってパンを作る暇がないんですが…

 

そして手入れが楽という点。

ズボラな私は水切りかごさえ手入れできずに水垢だらけという…でもキッチンタオルを代わりに使えば洗い物が終わったり洗濯機にポイ!で終わり。

かなり楽です♪

 

一時的には

キッチンタオルを干す

こんな風にして干したりしています。

見た目は悪いですが、敷いたままにしておくよりは乾きも早いので。

 

吊り下げているのは【ベロス】 ウルトラミニミニハンガー TMH-255

天吊り時の垂直方向の耐荷重約3kgなのでカッティングボードを下げて乾かしたりもしています。

ホントに便利♪

 

2015年の買って良かったモノの1つです!

買って良かったものランキング2015 プチプラアイテム編
...

 

 

水切りかごを使わないデメリット

一度にたくさんの洗い物ができないのがちょっと不便かも。

ある程度洗ったら一度食器を拭き上げて、それから洗う。

洗い物が多いときはこの作業を何回か繰り返さないといけないので面倒です。

でももう慣れたので最近はあまり気になりません。

しかも水切りかごに入れてそのまま…ということもないので、キッチンが自然と片付きます。

 

 

もう1つ大きいものを洗う時に困る。

特に大きな鍋やフライパン。

フライパンは全部鉄のフライパンなので洗ったら拭かずにIHで水気を飛ばします。

そうしないと錆びてしまうので。

問題はルクルーゼのような重い鍋。

ルクルーゼ水切り

ざるに食器を入れておけば立てかけても倒れることはないので、こうしています。

でも大量に洗い物がでると…ときどき雪崩がおきます…

今まで雪崩で食器を割ってしまったことはありませんが、もしかしたら割れることもあるかも?

 

 

水切りかごは使わなくて全く問題なし!

この方法で落ち着いて、水切りかごを使わないようにして半年が経ちました。

結果、やっぱり水切りかごはなくていい!と思っています。

 

すっきりキッチン

こんなにスッキリすると洗い物がちょっと大変でもいいかな~と思っちゃいます。

 

…IHが汚いですね…鉄のフライパンを使うとどうしてもこうなっちゃいます。

今度、鉄のフライパンのことについても書いてみようと思います。

タイトルとURLをコピーしました